07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

分娩台とかっぽう着

2011.12.08 (Thu)


長男坊は

昔からある庶民的な産婦人科で出産。


分娩台は、

いわゆる

昔ながらのレトロな感じのものだった。



次男坊は

どうしてもハイテクな感じの電動っぽい分娩台で産んでみたいと思い、

ちょっとセレブな産婦人科を選択。



陣痛がひどくなり、

いざ、

憧れのハイテク分娩台へ。



・・・



のはずが、

なぜか分娩室横の待合い室に運ばれる妊婦。



こともあろうに、

分娩台、

満員御礼 



結局、

待合い室の昔ながらのレトロな分娩台で次男坊を産んだ。



切なすぎる結末・・・。








なんで突然こんな話?


さぁね、

私にも分かりません。


なぜだかふいに思い出しただけ。








さてさて。


冬と言えば、

かっぽう着。


料理すると必ず服にシミを作る女には必須アイテムだ。


冬はエプロンではなく、

袖も覆えるかっぽう着が都合いい。





P1130122.jpg

少し前に買ったかなりロングなかっぽう着。


膝下まで覆ってくれるのでなかなか暖かい。

お気に入りの一着。






P1130154.jpg

そして素材は

綿100%。


案外

素材にうるさい女。


このご時世、

フリースだのボアだのが勢力を強め、

綿はなんだか肩身が狭そう。





大丈夫、

私はどんなときでも綿を愛していますから 


静電気をまとうくらいなら、

多少暖かさに欠けたって

私は断然、

綿を選びます。





バチバチしない心地よさ、

大切です。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
     ↑
ゆっくり、自然に寄り添って生きてゆきましょっ♪

アナタの優しい一票を♪

サンキュ 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

tag : 分娩台 かっぽう着

11:02  |  暮らし  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://calm358.blog.fc2.com/tb.php/100-2e815fd8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。