03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

イングリッシュガーデン。4つのキーワード。

2013.04.18 (Thu)




朝ご飯を食べながら

窓から見えるヤマボウシのまだ小さな葉っぱを見てた。



「ばぁちゃん、おはよ。」



もういないけど。



ずっとばぁちゃんと話をした。



いろいろ。



いろいろ。



そして

泣いた。








P4185338.jpg

大丈夫だよ。



みんな

幸せになるために生まれてきたんだもの。



自分を

信じて。



きっと

大丈夫だから。





                            





図書館で借りた本に

吉谷桂子さんが

イングリッシュガーデンの魅力について語っているページがあった。



吉谷さん曰く。



イングリッシュガーデンをつくるためには

次の4つのことが大切だとのこと。





P4175322.jpg
1.フォリッジ

葉群の存在感を出し

アクセントとして花を咲かせる。




葉群かぁ。

正直あんまり意識したことなかったなぁ。






P4175323.jpg
2.カラースキム

日の光がどう当たるかを考えて

花や葉の色彩を計画的に配置。




おぉ。

んなこと考えたことないしぃ。






P4175325.jpg
3.プランツ・エコロジー

自分の庭に合う植物を見つけ

植物が満足して育つようにする。




そうだよねぇ。

私ってば結構植物に過酷な条件突きつけてる気がするなぁ。






P4175327.jpg
4.ローメンテナンスハイクオリティ

少ない手間で

質のいい庭づくりをする。




賛成!賛成!








そして

やっぱり。



ガーデナーには

「常に庭の美しさを追求するスピリット」。



これが

いちばん大事だと。








P4175330.jpg

よし。



よし。



今年こそ。



今年こそ。



死角のない庭をつくるんだ。



憧れのイングリッシュガーデンをつくるんだ。





P4175324.jpg

有言実行。



女に二言はないんだ。








多分・・・。笑








ブログランキング・にほんブログ村へ
押してくれるとうれしいです。ありがとう♪










スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

11:24  |   |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。